イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

手首の痛みに効くイルチブレインヨガ体操



「手首トンネル症候群」をご存じでしょうか?
これは、手を使いすぎて手首の筋肉が腫れあがり、手首の真ん中を走る「正中神経」(せいちゅうしんけい)が圧迫される病気です。症状としては、手首が痛くなり、指や手のひらがしびれます。1日中パソコンの前で仕事をする人や、家事などでよく手首を使う主婦などがかかりやすいです。

* * *

【IT企業社員・金さんの場合】
IT業種に従事する金さんは、1日8時間以上、パソコンを使って作業しています。忙しい毎日の中で、右手首に重さを感じ始めました。最初は気にせず放っておいたそうですが、そのうちズキズキと痛みが止まらなくなりました。医師に診てもらったところ、「手首トンネル症候群」と診断されました。毎日、長時間にわたってマウスを使ったことが原因です。毎日の仕事で、知らず知らずのうちに、右手首に重い負荷がかかっていたのです。

【簡単体操で痛みを緩和】
「手首トンネル症候群」には、温しっぷやマッサージが効果的です。そして、イルチブレインヨガの手首の運動も、手首トンネルの痛みを和らげる効果が期待できます。誰でも簡単にできるブレイン体操ですので、長時間のパソコン作業の後などにオススメです。

手首の痛みに効くイルチブレインヨガ体操

手首の痛みに効くイルチブレインヨガ体操

1. 手首回し
①肩と手首の力を抜いて、両手の指を第一関節のあたりまで交互に組みます。
②手のひらの間に小さなボールを握っているようなイメージで丸を作り、そのまま地面と平行に円を描きます。
③3分間回し続けたら、今度は反対方向にも3分間回します。

2. 手首反らし
①片方の手のひらを上にして腕をすっと伸ばします。
②息を吸い込んだ後、呼吸をストップ。反対側の手で、伸ばした手を反るようにして引っ張ります。(引っ張るほうの手は、親指以外の4本の指を使います)
③5秒間続けた後、息を吐き出しながらゆっくりと元に戻します。
両方の腕を交互に引っ張り、5回くらい繰り返します。

★ ★ ★
イルチブレインヨガ(ILCHI Brain Yoga)・ブレインダンヨガは、脳科学と
ヨガを融合させた体と心と脳のヨガ、ホリスティック・エクササイズです。
体のトレーニングを通して脳を活性化し、心身の健康、幸せを実現します。
脳教育BEST5にもとづくILCHIチョンファ心性(真我発見)プログラムなどの
特別トレーニングを、人生の充実を希望する方たちに提供しています。

イルチブレインヨガのスタジオ・教室情報はコチラから
http://ilchibrainyoga.com/

イルチブレインヨガの体験はコチラから
http://ilchibrainyoga.com/reserv/yoyaku.html


コメントする