イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

自分の声で脳をヒーリング!



ハミングするように、「ン~」という音を出しながら、音に意識を集中してみてください。続けて長く音を出していると、最初に脳、その後、全身に響きと振動がひろがっていくのが感じられます。

音は、エネルギーの3大要素(光、音、波動)のひとつで、人体の細胞、組職、器官に、纎細ですが、強い影響を及ぼします。イルチブレインヨガでは、自分の声で、脳細胞を振動させ、脳をヒーリングするトレーニングを、よく使います。

母音で長く声を出す「音声内功法(英語ではトーニングと呼ばれています)」には、すばらしいヒーリングの力があることが、医学界でも報告されています。たとえば、米国音楽・教育・健康研究所のドン・キャンベル博士によれば「トーニングは、身体に酸素を供給し、呼吸を深くして筋肉を和らげ、エネルギーの流れを促進する」のだそうです。

誰でもできるこのトレーニングを毎日行えば、頭がすっきりと軽くなります。

音声内功法1
音声内功法2

立っていても、座っていても、横になってもかまいません。自分が一番楽な姿勢を取ります。

  1. 目を閉じて小さく「ンーンーンー」と音を出しながら、その音がどのように脳の中で響くのか、注意深く観察してみます。この時に音を短く出さずに「オーンー」と長くのばしながら、体の中の細かい振動に心を集中するのが重要です。
  2. 両手を胸にあてて音に全身が溶けてしまうような感覚になるように、できるだけ長く音を出します。「オー」という音を出す時には胸に響き、「ンー」という音を出す時には下腹に力が入るのが感じられます。最初は息が切れて音がすぐに絶えてしまいますが、続けていると自然に音が長く出るようになります。
  3. 慣れたら「ンー」にリズムを乗せて歌うように音を出してみてください。特定の調子を真似ずに、思いのままに音楽を作ってみます。音の波長が同心円のように広がりながら、すべての細胞一つ一つを振動させるのが感じられます。
  4. 仕上げに3回ほど息を大きく吸ってから吐き出した後、両手を熱くなるまでこすって顔と体をなでます。

[Tip]
毎日5分から10分程度行います。
どんな時間に行ってもかまいませんが、夜明けに行うと効果がさらに高くなります。

出典: ブレインメディア


コメントする