イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

言い訳と決別する!イルチブレインヨガの<腕立て伏せ>10日目



イルチブレインヨガの<腕立て伏せ>10日目
イルチブレインヨガの「1日5分の腕立て伏せ21日間」シリーズの10日目です。今日は、言い訳をしないマインドへの転換がテーマです。

          * * *

毎日腕立て伏せをしていると、1日くらい休みたくなるものです。10日間も続けていると、そろそろこんな自分の声が聞こえてきませんか?

「今日は時間がないから休もう」

「今日はコンディションがよくないから休もう」

「今日は仕事で疲れたから休もう」

私たちはよく、「~のせいで~ができない」という表現を使います。何かを休むには、とても好都合な言葉です。

でも、「~のせいで」と言うとき、どこまでが真実で、どこまでが単なる言い訳なのか、注意深く見る必要があります。

もしその言葉を言い訳として使っているなら、あなたは自らを「犠牲者」「被害者」の立場に追いやっていることになります。自分の運命を自ら決めるのでなく、誰かにコントロールされる受け身の人です。

どんなに大きな問題を抱えていても、ケロッとした顔で難しいことを成し遂げる人がいます。障害を苦とも思わず、いつも活気に満ち溢れている。こういうタイプの人は、まさに自分の人生を切り開いていける「創造者」です。

「被害者」「被害者」から「創造者」へ—-イルチブレインヨガの「腕立て伏せシリーズ」の10日目の今日は、ちょっと発想の転換を図ってみましょう。

まず、自分の頭にある「~のせいで~ができない」という考えを3つくらい紙に書いてください。その後、その下に「~さえなければ~ができる」という文章を変えてみましょう。

例)
私は、○○のせいでダイエットができない。
私は、○○さえなければダイエットができる。

2つの文章は意味が同じでも、思考パターンは大きく異なります。「○○さえなければ、~ができる」と考えれば、あとは、「○○」を解決すればよい、ということになります。

これで言い訳ができなくなりましたね。あとは、実践あるのみです。

★ ★ ★
イルチブレインヨガ(ILCHI Brain Yoga)・ブレインダンヨガは、脳科学と
ヨガを融合させた体と心と脳のヨガ、ホリスティック・エクササイズです。
体のトレーニングを通して脳を活性化し、心身の健康、幸せを実現します。
脳教育BEST5にもとづくILCHIチョンファ心性(真我発見)プログラムなどの
特別トレーニングを、人生の充実を希望する方たちに提供しています。

全国のイルチブレインヨガのスタジオ・教室情報はこちら

イルチブレインヨガの体験談はこちら

にほんブログ村 ダイエットブログ 健康ダイエットへ
にほんブログ村


コメントする