イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

美ボディと脳活性は「姿勢改善」から~イルチブレインヨガの上体を倒すブレイン体操



脳活性と姿勢の改善が同時にできるイルチブレインヨガのブレイン体操を紹介します。手を後ろに組んで、上体を前に倒すかんたんなポーズです。

「日本人は世界で一番歩き方が悪い」などと言われることがあります。それは猫背で、ちょこちょこ歩く傾向があるからです。着物を着ていた時代の歩き方の影響という理由もありますが、それ以上に大きいのは、姿勢の悪さです。

街のウィンドウやミラーに自分の姿が映ったとき、猫背で腰を落として歩いていませんか?背中の姿勢がまるまっていると、バストが下がり、ヒップも下がってメリハリのないボディになってしまいます。本来の体のカタチが崩れることで、内臓が圧迫されて、消化が悪くなります。

背中は体全体を支えている屋台骨です。背中を粗末にするとやがて歩行が困難になる恐れがあります。また、背骨にはたくさんの神経が通っているため、背骨が曲がっていると、神経も滞りやすくなります。姿勢は、私たちの健康と大きく関係しているのです。

人間の背中は本来、横から見ると「S字カーブ」を描いています。しかし、いつも悪い姿勢で長時間パソコン作業をしたり、足を組んで座るクセがあったりすると、S字カーブはどんどん崩れていきます。

イルチブレインヨガの上体を前に倒すブレイン体操は、「S字カーブ」を取り戻すエクササイズです。このブレイン体操を続けると、姿勢が改善されて内臓の働きがよくなり、体のラインも美しくなります。動作と同時に深い呼吸をすることで、脳活性化にもつながります。

両手を組んで上体を倒す

1.背中の後ろで両手を組み、上体を倒します。
2.息を吸いながらさらに上体を下げます。
3.頭に血がのぼらないように、頭は少し持ち上げます。
4.上体をゆっくり起こしながら息を吐きだします。

ポイント:
背中の筋肉がほぐれると、背骨の位置が正しくなり、「五十肩」の解消にもつながります。
イルチブレインヨガの上体を倒すブレイン体操

★ ★ ★
イルチブレインヨガ(ILCHI Brain Yoga)は、脳科学とヨガを融合させた
体と心と脳のヨガ、ホリスティック・エクササイズです。
体のトレーニングを通して脳を活性化し、心身の健康、幸せを実現します。
ダンワールドの脳教育BEST5にもとづくILCHIチョンファ心性プログラムなどの
特別トレーニングを、人生の充実を希望する方たちに提供しています。

全国のイルチブレインヨガのスタジオ・教室情報はこちら

イルチブレインヨガイベント情報はこちら


コメントする