イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

女子にオススメ!イルチブレインヨガの「脇しめ腕立て伏せ」



イルチブレインヨガの「1日5分の腕立て伏せ」の<19日目>は、脇をしめながら行う腕立て伏せです。通常の腕立て伏せよりも難易度は高いですが、胸の筋肉をより効果的に鍛えることができます。メリハリのあるプロポーションをつくりたいという女性におすすめです。

イルチブレインヨガの「脇をしめて行う腕立て伏せ」では、まず、うつぶせの状態で左右のわきをしめて、両腕を体に密着させます。両手のひらは、指を上向きにして地面にぴたりとつけます。その姿勢から腕立て伏せをスタートさせます。体を持ち上げた後、下すときは腕が体にしっかりとくっつくようにします。

難しいときは、ひざを地面につけた状態で行っても構いません。

この腕立て伏せは、女性の上半身をシェイプアップし、メリハリのあるボディラインへと導く効果があります。「腕立て伏せをすると、肩の筋肉が盛り上がって、肩幅が広がってしまう」と心配する女性も多いですが、イルチブレインヨガの「脇しめ腕立て伏せ」なら、肩幅が広がることはありません。

脇しめ腕立て伏せは、脂肪を燃焼させるダイエット効果があるほか、骨密度を高め、骨粗しょう症を予防するのにも役立ちます。まさに女性にぴったりのエクササイズです。終わった後に、ストレッチをするとさらに効果的です。ぜひ一度、お試しください!


コメントする