イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

筋肉をほぐし、ツボを開き、気血循環を円滑に



ブレイン体操は、叩いたり、回したりする動作で硬くなった筋肉をほぐし、ツボを開き、脳波を安定させ、気血循環をよくする体操です。気血循環が円滑になれば、気の感覚がよみがえり、体に対する集中力が高くなります。

私たちの体には血が流れる動脈と静脈があるように、経絡という気エネルギーの流れる道があります。そして、365のツボと12の経絡があります。経絡は体と心と精神に栄養を供給する役目を担っています。ツボは経絡に沿って分布し、体に気が出入りする出入り口のようなものです。気が経絡によってよく流れれば、全身にまんべんなく伝わり、体と脳が最適の状態を維持することができます。

ブレイン体操はエネルギーを流し、経絡と繋がる臓器の気のバランスを整えてくれます。ブレイン体操をするときには動作を無理に行わず、のびをするようにそっと力が入るくらいにし、引きつる部位に意識を集中します。

ブレイン体操はほとんどが単純な動作ですが、その動作だけでも小さな筋肉までほぐします。ブレイン体操だけを着実にやっていても健康維持と疾病予防に大きく役立ちます。もっとトレーニングが深くなれば動作の途中でも気を感じ、動きの中でも静に至る状態に入り、動作1つ1つを通じて深い瞑想状態を体験することができます。

ブレイン体操の効果がもっとも高くなるのは、動作と呼吸と意識が一致したときです。息を吸いながら動作を行い、動作を行う間はしばらく息を止め、元の状態に戻りながらゆっくり息を吐き出します。息を吐き出す時には、体の中に停滞していた濁ったエネルギーが吐く息とともに抜けることをイメージします。

この時に体と会話するという気持ちで集中しながら、体に起こる小さな変化や感覚に注意を傾けます。

【イルチブレインヨガブレイン体操の効果】

  • 筋肉と骨格の左右不均衡を正し、バランスの取れた体にする。
  • 体の柔軟性と筋力を育てる。
  • 自律神経系及び内臓器官の機能を強化する。
  • 気血循環が円滑になり、自然治癒力が高くなる。
  • 心の安定と集中力強化など、精神的な効果が明確である。

肺と大腸に効くブレイン体操肺と大腸に効くブレイン体操

足を肩幅に広げ、手は後ろで組みます。息を吐き出しながら上体を前に倒し、顔がヒザに向かうようにします。両腕を後方上に伸ばします。静かに息を吸い、その状態でしばらく止めます。脚の後ろ側、腹、背中、肩や腕など引きつる部位に意識を集中します。静かに息を吐き出しながら上体を戻し、体と心の緊張をすべて解放します。繰り返します。

脾臓と胃腸に効くブレイン体操

 

脾臓と胃腸に効くブレイン体操

左足を後ろに引きます。息を吸いながら、左腕を上に上げて体を反らします。視線は手について動かします。同時に右足に体重を乗せて右手を右太ももに当てます。体をできるだけ後ろに反らします。下腹と腰を刺激する時、どんな感覚なのか意識を集中します。息を吐き出しながら戻し、2回繰り返します。次は足を変えて行います。

 

 

肝臓と胆嚢に効くブレイン体操

背中を真っ直ぐに伸ばして座り、できるだけ足を開きます。右手で右足首をつかみます。左手が右足のつま先に触れるまで上体を横に倒します。左側の腰と太ももができるだけ多く引っぱられるように、なるべく長くその姿勢を維持します。反対側も行い、両方それぞれ2回ずつ繰り返します。
肝臓と胆嚢に効くブレイン体操

心臓と小腸に効くブレイン体操

足を組んで座り、手を首の後ろで組みます。息を吸いながら上体を前に倒し、額が床につくようにします。できる限り長い間、この姿勢を維持します。息を吐き出しながら胸を張り、元の姿勢に戻ります。

心臓と小腸に効くブレイン体操

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

イルチブレインヨガのスタジオ・教室情報はコチラから
http://ilchibrainyoga.com/
イルチブレインヨガの体験はコチラから
http://ilchibrainyoga.com/reserv/yoyaku.html


コメントする