イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

オフィスで気軽に肩こり解消☆イルチブレインヨガのストレッチ



オフィスの席で気軽にできるイルチブレインヨガの肩こり解消法を紹介します。

多くの女性が悩む肩こり。そもそも肩こりとは、肩の筋肉が固く緊張して、自力ではゆるめられなくなった状態です。肩がコチコチに固くなってしまう理由は、筋肉の血行が悪くなるためです。血行が悪いと、筋肉の活動によって発生した乳酸などの代謝産物がうまく流れず、筋肉内部に蓄積されます。それが染み出て周辺の神経を刺激することで、肩に痛みを引き起こすのです。

■デスクワークが緊張をもたらす
肩こりを解消するには、肩や首の緊張を取り除いてあげことが不可欠です。ところが、現代社会では、パソコンを使ったデスクワークを長時間しいられるため、なかなか緊張を取り除くことができません。さらに、パソコンの前で首を傾斜した姿勢をとり続けるため、血液循環も悪化し、肩の筋肉はどんどん固くなっていきます。

そこでおすすめなのが、イルチブレインヨガの「座って行う肩ストレッチ」です。オフィスに座ったままでカンタンにでき、時間も数分あれば充分です。首を左右に曲げることで、首すじから肩にかけての血液循環を促します。

■呼吸も深くなる
パソコンでデスクワークをしていると、肩がどんどん上にあがっていき、呼吸も浅くなります。この状態が続くと、肩や首だけでなく、心も緊張し、ストレスがたまっていきます。イルチブレインヨガの首ストレッチを行えば、呼吸が自然と深くなり、気持ちが安らかになります。集中力もアップし、仕事のパフォーマンスも向上します。

<イルチブレインヨガの「首ストレッチ」>
1.イスに座って腰をまっすぐに伸ばし、両腕を横に降ろします。
2.右手でイスを握り、首をゆっくり左に傾けながら上体も左に傾けます。右の首すじから肩や腕までが伸びているのを感じます。
3.心の中で10まで数え、ゆっくり戻します。
4.反対側も同様に行います。
5.左右交互に3回繰り返します。

オフィスで気軽に肩こり解消☆イルチブレインヨガのストレッチ


コメントする