イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

骨盤のバランスを整えるイルチブレインヨガの「ゴロゴロ寝体操」



骨盤の左右のバランスを整えるイルチブレインヨガの「ゴロゴロ寝体操」を紹介します。

ふだんから「こんな姿勢をしていては、骨がゆがんでしまう」などと気にしながら生活している人はあまりいないと思います。しかし、日常生活での何気ない動作が原因となって、本人の知らない間にゆがみは少しずつ進行していきます。カラダが少しゆがんでも、すぐに痛みがあるわけではありませんが、そのまま放置すると、体の様々な不調をもたらす恐れがあります。

たとえば、ショルダーバッグを右肩ばかりにかけていると、右肩の筋肉が片寄って鍛えられ、右肩上がりの体型になってしまいます。その結果、姿勢が悪くなり、上半身を支える骨盤にゆがみが生じます。

また、同じ側だけで脚を組んだり、立っているときにいつも決まった脚に重心をかけたりしている人も、骨盤の左右のバランスが悪くなります。

骨盤のバランスを正しく保つための一番大切なキーワードは「左右均等」です。どんな姿勢であれ、どちらか一方だけに負担をかけないことが大事。左右のバランスを悪くする習慣が身についてしまっている人には、イルチブレインヨガの「ゴロゴロ寝体操」がおすすめです。骨盤を整え、骨格のバランスを取り戻す効果が期待できます。

イルチブレインヨガのブレイン体操<手足を伸ばしてわき腹をほぐす>
1.うつ伏せの状態で、左腕は頭の上に、右腕は肩の横に伸ばします。
2.視線は右手に向けて両足は肩幅に広げます。その状態で右手を上げて上体を反らします。上体から腰、骨盤にかけてゆっくり反らし、両足はあまり動かないようにします。
3.息を吐き出しながら右腕を少しずつ伸ばし、右のわき腹のラインに緊張を与えます。
4.そのまま呼吸を5回行い、同時に指先とつま先も伸ばしていきます。
5.①の姿勢に戻ります。
6.腕をかえ、1~4を行います。
7.左右交互に2回ずつ繰り返します。

Point:
・胸を開き、足のつま先もしっかり伸ばしましょう。
・両肩の後ろの肩甲骨とその間の胸椎(きょうつい)が正しい位置に戻ります。
骨盤のバランスを整えるイルチブレインヨガ


コメントする