イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガの「ねじる」ダイエットで、くびれBODYに



手っ取り早く「くびれ」をつくりたいなら、イルチブレインヨガの「上体ねじりエクササイズ」がオススメ。かんたんにわき腹をシェイプアップできるダイエット法です。

ズボンからわき腹の脂肪がはみ出ていませんか?わき腹は、ちょうどウエストの「くびれ」にあたる部分。女性のスタイルの良し悪しを大きく左右します。「どこよりも、まずはわき腹をシェイプアップしたい」という人も多いでしょう。

実はわき腹は、体の中でも脂肪がとても付きやすい部分です。それは、わき腹にある「腹斜筋」という筋肉が、衰えやすいという特質を持っているから。腹斜筋は、内臓を守る働きをしていますが、普段あまり使われないため、弱くなりがちです。腹斜筋の力が落ちると、その代わりに内臓を守るヨロイとして、脂肪がつきやすくなるのです。

わき腹の脂肪は、マグロでいえばトロの部分。脂が乗り切っており、いったんつくとなかなか取りにくいです。そんな厄介なわき腹の脂肪を落とすには、イルチブレインヨガの「上体をねじる」ダイエットがぴったりです。上体をねじることで、腹斜筋を刺激し、脂肪をそぎ落していきます。上体ねじりエクササイズには、肥満の原因となる血行悪化や自律神経の乱れを改善する効果もあります。ウエストを意識したダイエットには最適です。

イルチブレインヨガの<上体をねじる>体操

1. 両足を肩幅まで広げて立ち、両手を組みます。手のひらを前に向けて伸ばします。
2. 息を短く吸っておなかを軽く膨らませます。骨盤を前に向けたまま腕と肩を右にねじります。洗濯物をしぼるときのように、お腹と腰が引き締められるのを感じます。

3. ねじったままの姿勢でゆっくりと10まで数え、元の位置に戻ります。短く呼吸をし、おなかの力が抜けないようにします。

4. 反対側も同様に行います。

※ねじり加減や両手の位置の違いなどで、刺激される場所が微妙に変わります。刺激が加わっている場所を感じながらゆっくりと動くと、ダイエット効果がより高くなります。

イルチブレインヨガの「ねじる」ダイエットで、くびれBODYに


コメントする