イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガの「こめかみを押す」動作で疲れ目改善へ~会社員のための<5分ブレイン体操>その4



職場でも家庭でも、何かと目を酷使しがちな現代。「目の疲れ」を訴える人がとても増えています。そこで今回は、イルチブレインヨガの「こめかみを押す」動作を紹介します。疲れ目によく効くツボを刺激することで、疲れ目の改善が期待できます。ストレスによる眼精疲労にお悩みの方にもオススメです。

東洋医学では、目の周辺には、たくさんの気の通り道(経絡)が集まっているとされます。目の調子が悪いと、他の体の部位やメンタル面にも影響するのは、目の周辺の経絡が詰まるからです。目のまわりの経絡の上にあるツボをうまく刺激し、詰まりを取り除いてあげれば、目の疲れがとれ、体調も回復していきます。

今回注目していただきたいのが、「こめかみ」です。目と耳のつけ根の間にあるこめかみは、「太陽のツボ」と呼ばれ、ここを刺激すると、目の疲れからくる肩こり、めまい、かすみ目などを改善する効果があるとされます。長時間のパソコン作業をした後などには、このツボを押すのがオススメです。

押すときは親指を使います。押すと同時に息を吸ってきれいなエネルギーが入ってくるのをイメージし、吐く息で脳の中に溜まっているエネルギーが出ていく感覚を味わいます。いったん離し、しばらくして再び押します。これを3回繰り返します。あまり力まずにリラックスして行うようにして下さい。1分ほど続けるだけでも、目の疲れを軽くすることができます。

イルチブレインヨガの「こめかみを押す」動作で疲れ目改善へ


コメントする