イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

整った骨盤が“健康美人”をつくる☆イルチブレインヨガの「足を引き寄せてねじる」動作



スラッとした美脚、そして、キュッとした腰まわりと美尻は、骨盤のバランスが整うことではじめて実現します。骨盤はボディラインだけでなく、女性の健康も大きく左右します。イルチブレインヨガの「足を引き寄せてねじる」動作で、健康美人に不可欠な“しなやかな骨盤”をゲットしましょう!

日常生活のなかで、どうしてもできてしまう体のゆがみ。骨盤がゆがむと、カラダからさまざまな症状が現れます。とくに多く見られるのが、肥満、冷え、むくみ、便秘など。いずれも女性にとって身近な悩みばかりです。骨盤のゆがみは、血行の悪化にも直結するため、様々な不調の引き金になってしまうのです。

骨盤のゆがみは大抵、何十年もかけて構築されたものです。それを整えるには、1回の整体やマッサージではなく、日々のエクササイズの積み重ねによってバランス整えていくほうが効果的。エクササイズで骨盤を本来あるべき位置に戻せば、内臓の働きも活発になり、血液のめぐりや代謝も良くなっていきます。

骨盤を整えるのにオススメのエクササイズが、イルチブレインヨガの「足を引き寄せてねじる」動作です。骨盤の柔軟性をアップすることで、くびれの豊かな腰回りを築きあげていきます。股関節も滑らかになり、O脚やX脚などの足のゆがみを防ぐ効果も期待できます。さらに、ひざを抱えて引き寄せる動きによって腸を刺激し、ぜん動運動を活発にしていきます。

イルチブレインヨガの<足を引き寄せてねじる>

1. あお向けになり、右足を胸に引き寄せてひざを手で支えます。
2. 右手は真横に広げ、引き寄せた右ひざに左手を添えてゆっくりと息を吐きながら左側へ倒し、10秒間キープします。
3. 元に戻し、反対側も同様に行います。左右交互に3セット行います。

イルチブレインヨガの「足を引き寄せてねじる」動作

イルチブレインヨガの「足を引き寄せてねじる」動作


コメントする