イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガで「腹圧アップ」ダイエット



腹圧を高めて、ダイエット成功へと導くイルチブレインヨガのブレイン体操を紹介します。

私たちの体は、骨格によって支えられています。しかし、お腹の中には骨がありません。このため、本来であれば、お腹の内臓は、体の重みで押しつぶされてしまってもおかしくありません。

しかし、お腹の内臓は決してつぶれません。骨のかわりにお腹の中を支えているのが、「腹圧」です。人間の内臓は、「腹膜」という袋の中に収められていますが、この袋を膨らませる力が腹圧です。腹圧の力で袋の中に十分なスペースが確保され、内臓が元気に働くことができるのです。

腹圧が弱くなると、袋が縮んでしまい、内臓が圧迫されます。これにより、腸の働きが悪くなり、便秘になりやすくなります。ダイエットをする人にとっては、腹圧の低下は大敵なのです。

さらに、腹圧が下がると血管も圧迫されて、血行が悪化。代謝もダウンします。また、姿勢が前かがみになるため、肩こりや腰痛の原因にもなります。腹圧の低下は、体に様々な悪影響を及ぼすのです。

現代人は、腹圧が弱い人が多いとされます。その原因の一つは、呼吸にあります。人間は深い呼吸をすることで、横隔膜と腹膜を刺激し、腹圧をキープします。しかし、現代人はストレスで呼吸が浅くなりがちなため、腹圧が弱まりやすいのです。仕事などで座りっぱなしの生活や運動不足も、腹圧低下の原因です。

今回紹介するイルチブレインヨガの「腹圧を強化するブレイン体操」は、腹圧を強くして、ダイエットにつなげるエクササイズです。

<腹圧を強化するブレイン体操>
1. 力を抜いて楽に横になり、足を45度の角度に上げます。ひざを15度くらい下げて、足の甲をまっすぐにします。
2. 腕に力を入れて頭の上にあげ、床から5センチほど上げます。
3. おなかに力を入れ、丹田に意識を集中させます。

イルチブレインヨガで「腹圧アップ」ダイエット


コメントする