イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

脳活性へと導くイルチブレインヨガの「棒ストレッチ」



脳活性効果が高いイルチブレインヨガの棒ストレッチを紹介します。肩や腰、わき腹など全身をくまなく伸ばしてリラックスするとともに、棒の動きで脳活性を促します。

私たちの脳は、道具を体の一部としてみなす習性があります。たとえば、棒を使って物をとるとき、脳は棒を自分の手や指と同じようにとらえ、棒に指示を出そうとします。また、長いはしごを担いで狭い道を通るようなときも、脳はハシゴの両端部分を体の一部とみなし、通行人や障害物にぶつからないように、細心の注意を払います。

道具を使って体操するときも同様です。ストレッチを補助するときに使う棒やロープは、脳にとっては体の一部です。棒を使うことで、脳の指令系統も複雑になり、脳活性化が促進されます。

今回は、棒を使って行うイルチブレインヨガのストレッチを紹介します。脳と体の感覚を鍛えるうえで、たいへん効果的です。

 

<片手で棒をくるりと回す>
1. 立って棒の中央を右手で握ります。脳活性へと導くイルチブレインヨガの「棒ストレッチ」
2. 右腕を前に伸ばします。手首を内側に回して、棒をくるりと一回転させます。次に反対方向にも回します。棒を回すときに小指が離れないよう力を入れて握りましょう。
3. 棒が回転するときに、手首からひじ、肩までの筋肉がしっかりと動いているのを感じてみます。
4. 10回転ずつ行ったら、棒を左手に持ち替えて、同じように回します。

このストレッチは、手首やひじ、肩を強化する効果があります。棒を勢いよく回しすぎると、手首を痛める恐れがあるので注意しましょう。ゆっくりと回して、手首から肩までの感じに集中するようにします。

 

<棒を使って肩回し>
1. 両手で棒を握り、横にします。握る手は、甲を上にします。両腕は肩幅ほどに広げます。脳活性へと導くイルチブレインヨガの「棒ストレッチ」
2. 両手を上げて耳の横を通って、目いっぱい後ろまで引き上げます。
3. これ以上後ろにいかないと感じたところで、さらに後ろに押すようにして、肩関節とその周りの筋肉を刺激します。硬くなっている部分を感じながら、10数えます。
4. ゆっくり腕を戻します。①に戻ったら、両手の間隔を少し広げ、②と③を繰り返します。
5. 肩が後ろに完全に回って腕が回転するポイントを見つけたら、両手の間隔を1センチずつ狭めていきます。肩の回転半径が徐々に広がっていくのを意識しましょう。

 

<棒を使って前屈>
1. 足を肩幅に広げて立ちます。体の後ろで棒を横に持ちます。手のひらを正面に向けて、両手で握ります。脳活性へと導くイルチブレインヨガの「棒ストレッチ」
2. ひざと腰をまっすぐ伸ばし、両手を後方に伸ばしながら上体を前に倒します。頭はあまり下げずに、視線は少し遠くを見ます。
3. 上体をさげたまま、両手をゆっくり頭のほうへおろし、10数えます。
4. 上体を戻し、手の間隔を少し狭め、②と③を繰り返します。
5. 手の間隔を狭めて両手がつくようになると、とても効果的です。

 

<棒を肩にのせて腰をひねる>脳活性へと導くイルチブレインヨガの「棒ストレッチ」
1. 足を肩幅に広げて立ちます。棒を首の後ろにあて、両腕を棒にかけます。
2. ひざを少し曲げて腰はまっすぐに伸ばします。腕の力を抜いて、肩はグッと広げます。
3. 腰をゆっくり左にねじります。これ以上ねじれないところまできたら、棒の右手側を左に少し回して、腰の筋肉に圧力が加わるようにします。
4. その状態で10数え、①に戻ります。
5. 反対側も同様に行います。
6. 以上の動きを3セット繰り返します。息を吸って止めた状態で体をねじり、吐き出しながら戻しましょう。

注意:血圧の高い方は、息を止めずに、吐き出しながら体をねじります。

 

<棒を使ってわき腹ストレッチ>脳活性へと導くイルチブレインヨガの「棒ストレッチ」
1. 足を肩幅に広げて立ちます。両手で棒を持ち、腕を伸ばして頭の上に引き上げます。
2. 両手を肩幅くらいに広げ、上体をゆっくり左に倒します。
3. 右のわき腹が伸びていくのを感じながら、左手をゆっくり下げ、さらにわき腹を伸ばします。
4. その状態で5を数えたら、上体を戻します。反対側も同様に行い、3回ずつ繰り返します。

 

<棒を立てて上体を伸ばす>脳活性へと導くイルチブレインヨガの「棒ストレッチ」
1. 足を肩幅に広げて立ちます。床に棒を立てて、胸の高さで棒を持ちます。
2. 棒で床を押すように、体の重心を棒と両足にのせながら、上体を下げます。
3. 上体を曲げながら、胸が強く引っ張られるように、両手の位置を調節します。
4. 頭は下げず、視線は両手を見ます。手を少しずつ棒の上部に上げていき、胸から脇までを伸ばします。

出典:ブレインメディア


コメントする