イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

女性のお悩み解決に、イルチブレインヨガの骨盤エクササイズ



女性のさまざまなお悩みの解決に役立つイルチブレインヨガの「骨盤エクササイズ」を紹介します。

「ほかの部分が痩せても、お腹だけが何故か痩せない!」。そうお悩みの女性は多いでしょう。いくらダイエットを頑張ってもお腹やせがうまくいかない人は、骨盤がゆがんでいる可能性があります。骨盤とダイエットは、実は深い関係があるからです。

骨盤とは、お尻にあるお皿の形をした骨です。腰と足の間にあり、上半身を支えています。骨盤の内側には、生殖器や胃腸などの臓器があります。骨盤がゆがんでいると、神経や血液が滞りやすくなり、代謝がダウン。お腹周りの脂肪が燃えにくくなります。さらに、骨盤が開いて内臓が下がると、腸が圧迫されて、便秘ぎみになってしまいます。女性に多い肩こりや生理不順などのトラブルも、骨盤のゆがみと関係している場合が多いです。

骨盤のゆがみを整えれば、これらのトラブルが改善される効果が期待できます。今回紹介するイルチブレインヨガの骨盤エクササイズは、骨盤を簡単にリセットするブレイン体操です。日常生活でズレてしまった骨盤を本来の位置に戻し、ほどよく引き締まった骨盤を取り戻します。

骨盤が整うことで、上半身と下半身がしっかりと連携するようになり、下半身の冷えも解消されやすくなります。免疫力もアップします。ぜひ、骨盤エクササイズをやってみて下さい!

<イルチブレインヨガの骨盤エクササイズ>

左右の足の裏同士をあわせて座ります。両手で足をつかみます。
1. 上体を前に倒し、おしりを上げます。
イルチブレインヨガの骨盤エクササイズ
2. おしりを床につけ、足をつかんでいる手を前に伸ばしながらバランスをとり、上体が後ろに倒れないように踏ん張ります。
イルチブレインヨガの骨盤エクササイズ
3. ②と③を繰り返し、尾てい骨あたりの「長強(ちょうきょう)」のツボと、肛門あたりにある会陰(えいん)を刺激します。


コメントする