イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガの「空に浮かぶポーズ」で、“本物”のリラックス体験へ



緊張をほぐし、さわやかな気分になれるイルチブレインヨガの「空に浮かぶポーズ」を紹介します。横になって自分の体に集中するだけで、芯からリラックス。集中力を高めることができます。

私たち現代人は「リラックス」ということを言葉では知っていますが、ほんとうにできている人はどれくらいいるでしょうか?一晩中ベッドの上で寝ていても神経が休まらない人。休日にずっとソファでくつろいでいても疲労がとれない人…。休んでいるはずなのにどこか緊張が抜けず、張りつめているのです。

体と心が緊張している状態が続くと、血管が収縮して、血液の流れが悪くなります。すると、疲労物質が体内に滞ってしまい、ホルモンのバランスも崩れやすくなります。

そんなお疲れモードの人たちにオススメしたいのが、イルチブレインヨガの「空に浮かぶポーズ」。あお向けに横になり、意識を自分の体に向ける瞑想です。このポーズで瞑想状態をキープできれば、深い安らぎとリラックスを体験することができます。そして、脳と意識が目覚め、集中力がアップ。新たな活力を得ることができます。

朝起きたときや夜ベッドに入ってから、または日中リラックスしたい時にオススメのポーズです。昼間疲れたときに5分でもこのポーズをすれば、2、3時間寝たのと同じくらいの効果があるとされます。忙しい人は寝る前にこの姿勢で深呼吸を5回くらいするだけでも、爽やかな朝を迎えることができるはずです。

<空に浮かぶポーズ>
1. あお向けになります。足は肩幅に広げて腕は体から5度ほど開き、手のひらを上に向けます。全身の力を抜きます。
2. 目を閉じ、鼻からゆっくり息を吸って口から長く吐き出します。5回繰り返します。
3. 深呼吸を繰り返しながら、目を閉じたまま体の輪郭を描くイメージをします。写真のように、頭頂部から左方向に描いていきます。うまく集中できないときは、「頭のてっぺん・・・耳・・・首・・・肩」という風に体の部位を呼んで、意識を誘導していくのも効果的です。
4. 輪郭を描き終えたら、自分の体を全体的に眺めるようなイメージをします。

Point:
初めは途中で寝てしまうこともあるでしょう。しかし、繰り返し行ううちに、脳がしっかりと目覚めて体に集中できるようになります。このポーズが習慣になったとき、たいへん大きなリラックス効果が簡単に得られるようになります。

効果:リラックス、集中力や洞察力のアップ、意識の拡張

イルチブレインヨガの「空に浮かぶポーズ」


コメントする