イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

骨盤の「左右差」解消へ、イルチブレインヨガの「腰をねじるストレッチ」



「いつも片側だけ腰に負担を感じる」「体をひねると、腰に響く」。そんなお悩みのお持ちの方は、骨盤に「左右差」がある可能性が大です。骨盤が左右でアンバランスだと、腰の骨の左右の高さも違いが生まれ、腰痛になりやすくなります。イルチブレインヨガの腰をねじるストレッチで、骨盤の左右差を整えましょう!

骨盤が左右でズレていると、腰をひねったときに痛みやすくなります。また、横座りが片方だけできなくなったりします。放置すると、左右の違いが骨格全体に広がり、内臓にも悪影響が出ます。早めにズレを整えていくことが大事です。

骨盤に左右差が出る原因は、日常生活に潜んでいます。脚を組んで座ったり、バッグをいつも片方の肩にかけたり、ズボンの後ろポケットに物を入れたまま座ったりすると、骨盤はゆがみやすくなります。こうした習慣が積み重なると、ちょっとした弾みに激しい腰痛になる恐れがあります。

そこでオススメなのが、イルチブレインヨガの「腰をねじるストレッチ」。腰や骨盤まわりの筋肉をほぐし、左右のバランスをしっかりと整えることができます。骨盤の左右差が解消されれば、ウエストやお尻もすっきりし、O脚も改善するなど、うれしい効果も期待できますよ!

<腰をねじる>
1. 足を前に伸ばして座り、両手を後ろにつきます。左足のひざを立て、右ひざの外側へ置きます。
イルチブレインヨガの「腰をねじるストレッチ」

2. 息を吸いながら左ひざを右側の床に倒し、腰をひねります。視線は倒したひざと反対側を見て、息を止めて下腹をゆっくりと外へ押し出します。
イルチブレインヨガの「腰をねじるストレッチ」

3. 息を吐きながら①に戻ります。

4. もう一度繰り返し、反対側の足も同様に行います。3回繰り返します。


コメントする