イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガの呼吸で感情コントロールの習慣を



カッとなったときに気持ちを静める一番の方法は、深い呼吸をすることです。イルチブレインヨガの呼吸法で、感情コントロールの習慣を身につけましょう。

仕事や人間関係で怒りがおさまらないときは、頭で状況を分析しようとしてはいけません。しばらく考えるのをやめて、呼吸にすべての神経を集中させるのが効果的です。すると、不思議と冷静になることができ、状況をより客観的に判断できるようになります。

呼吸は、感情に大きな影響を与えます。ふだん無意識に行っていますが、それを意識することで感情を上手にコントロールできるようになります。

感情と体は一体です。感情の状態は、さまざまな症状として体に表れます。体温、脈拍、血圧、呼吸、脳波などが、感情の動きによって左右されます。この中で、呼吸だけは、自分の意思でテンポや長さを自由に調節することができます。これを活用するのが、イルチブレインヨガの呼吸法です。意識的にゆったりと深い呼吸にすることで、心を穏やかにしていきます。

イルチブレインヨガの呼吸法をすると、判断力も高まります。感情が激しくなったときでも、深い呼吸を3回するだけで失敗や事故を防ぐことができます。ストレスがたまったときも、呼吸によってうまくリリースすることができます。正しい呼吸の積み重ねにより、生活が豊かになります。呼吸の習慣が、幸福度や健康度を大きく左右するのです。


コメントする