イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガのウォーキングで全身をバランス良く刺激



何歳になっても健康でいるための秘訣は、全身の筋肉や臓器をバランス良く使うことです。全身をバランス良く動かすうえで最適なのがウォーキング。イルチブレインヨガでは、通常より運動効果の高いウォーキング法を提唱しています。

日ごろの健康管理として留意したいことの一つが、体の使い方の偏りをなくすこと。一部の臓器や筋肉だけを酷使していると、バランスが崩れ、体調不良に陥りやすくなります。

たとえば、心臓だけに過度な負担をかけていると循環器系のトラブルを招きやすくなり、胃にムリを強いてばかりいると消化器系の不調を抱えやすくなります。

体のトータルバランスを保つうえでたいへん有効なのが、ウォーキングです。ウォーキングは典型的な「全身運動」で、600個以上の筋肉と、それと一緒に動く200余りの骨をすべて使います。さらに、ウォーキングは足の裏を刺激することで、全身に広がっている数々の神経を刺激し、血液循環や代謝を活発にさせます。

長く健康でいたいなら、まずは、日々の歩数を増やすことから始めてみましょう。イルチブレインヨガでは、老若男女がだれでも気軽に楽しめるウォーキングを提唱しており、ムリなく全身を活性化させることができます。

健康管理には「私の体は私ではなく、私のものである」という意識を持つことが大切。こうした「主人意識」にもとづいてウォーキングに取り組めば、心身ともに自ずと若返っていくはずです。


コメントする