イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガの脳活性ヨガで、いつもチャレンジする脳に



最も効率の良い「脳活性」の方法は、新しいことに挑戦することです。今までやったことのないことに取り組むとき、脳はパワーアップします。イルチブレインヨガは、そんな“脳の挑戦”を促すエクササイズです。

私たちの脳には、1000億もの神経細胞があります。それぞれの神経細胞は、目、鼻、耳、皮膚といった感覚器官から入ってくる情報を読み取り、それを他の神経細胞に伝達したり、自ら処理したりしています。

高性能コンピューターを超える力を持つ人間の神経細胞ですが、通常、20歳を過ぎたころから数がどんどん減っていっていくとされます。とくに、知的機能の中心である大脳や運動調節の中心である小脳は、神経細胞が衰えやすいとされます。年を取れば取るほど知的機能や運動機能が低下するのは、神経細胞の減少が影響しているのです。

とはいえ、神経細胞の数が減ったからといって脳が衰退するとは限りません。神経細胞同士を結ぶネットワークを強化することで、脳力はむしろアップできます。

神経細胞のネットワークを強くするには、脳に刺激を与えることが大切です。神経細胞のネットワークは、新たな状況に直面するとき、強化されるからです。逆に、毎日同じことを繰り返していると、神経細胞のネットワークは弱くなります。

通勤・通学のときも、同じ道ばかり通るのでなく、ルートを変えたり、時間をずらしたりすることが脳活性化に役立ちます。また、イルチブレインヨガでは、ふだん動かさない筋肉を動かすヨガの動きにより、脳を活性化させていきます。脳の挑戦を促すことで、アンチエインジングへとつなげます。


コメントする