イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガで、BOSをネガティブ汚染から守ろう



イルチブレインヨガのトレーニングでは、脳の基本的なシステムとなる「BOS」の機能を回復し、パワフルな脳を築いていきます。

パソコンやスマートフォンには、OSがあります。「ウィンドウズ」「マック」「アンドロイド」などですが、これらのOSにウィルスが侵入すると、それぞれの機器は誤作動を起こします。そんなときは、ウィルス対策ソフトを起動させることで、再び正常に動かせるようになります。

私たちの脳にもOSのようなものがあります。イルチブレインヨガでは、これをBOS(脳=brainのOS)と呼んでいます。BOSにもウィルスが侵入することがあります。それは脳の潜在能力を否定するネガティブな情報です。「私は何をやってもだめだ」や「あなたのせいで、私の人生はうまくいかない」などが代表的なものです。

このようなウィルスに汚染されると、BOSは誤作動を起こし、脳が本来の力を発揮できなくなります。BOSを正常にするためには、まず脳の中の汚染された情報をきれいにしなければなりません。その方法が体を動かすことです。ネガティブな考えが浮かんだとき、身体を動かせば、それだけで考えを変えやすくなります。そのうえで、脳にポジティブなメッセージを吹き込めば、強力なパワーが発揮できるようになります。

イルチブレインヨガは、ネガティブな考えや感情から脳を解放させ、善い選択ができる純粋な波動を生み出します。あなたがポジティブな選択をするとき、支配されていた暗い脳は、生産的で創造的な明るい脳へと変わります。何をすべきか知っていながら行動に移せなかった弱い脳から、決断し、実行できるパワーブレインへと変わるのです。


コメントする