イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガのつま先たたきで生活習慣病を予防しよう!



イルチブレインヨガのつま先たたきは、生活習慣病の予防にぴったりのエクササイズです。運動不足が気になる方は、ぜひ、今日から「つま先たたき生活」をスタートさせましょう!

「足は第二の心臓」と言われているのはご存知ですか?足は体の中で心臓から最も遠いところにあります。このため、私たちの足の筋肉には、心臓から送られてきた血液を心臓に戻すポンプのような機能が備わっているのです。だから、足のポンプの機能が衰えると、全身の血行が悪くなり、「万病のもと」と言われる冷えを招きやすくなります。

足を鍛え、血流をスムーズにする方法といえば、やはり思いつくのは、歩くこと。昔から「歩くことが体にいい」と言われているのはこのためです。でも、わざわざ外でウォーキングをしなくても、同じような効果が得られる動作があります。それが、つま先たたきです。

つま先たたきでふくらはぎなどの筋肉を強化し、体の末端から心臓へと血液を戻す力をつけることができます。つま先たたきを5分行っただけでも頭のてっぺんから手の先、足の先まで、全身の血行がよくなったという実験データもあります。

つま先たたきは、体力向上にもぴったりです。つま先たたきを毎日欠かさず朝晩1000回(10分弱)ずつ7年間行っているという80歳男性は、標高約2,744メートルの山の頂上まで難なく登ってしまうほど体力があるといいます。

この男性は「つま先たたきは雨が降っても、雪が降っても、室内でいくらでもできる。ウォーキングもつま先たたきもすれば、相乗効果が得られる」と話しています。

<つま先たたきのトレーニング法はこちら>
実践者が急増中!イルチブレインヨガの「つま先たたき」の効果とは

股関節をほぐしてぐっすり眠ろう☆イルチブレインヨガの「つま先たたき」

イルチブレインヨガ式~効果的に眠るための「10の法則」


コメントを受け付けておりません。