イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

豊かな表情をつくる「顔のストレッチ」


[`yahoo` not found]
[`google_buzz` not found]
[`livedoor` not found]

みなさんは、ふだん「豊かな表情」を心がけてらっしゃいますか?

人の表情は、心に抱いた感情を相手に敏感に伝えます。明るい笑顔は、相手の人に対する好意を伝達してくれます。暗いゆううつな表情をしていると、まわりの人もなんとなく陰気な雰囲気になってしまいます。

表情の中心の一つが「目」です。「目は人間の眼(まなこ)なり」「目は口ほどに物を言い」などと言われているように、人は目で笑い、目で怒ります。笑顔のときは、目が柔らかくなごんでいます。視覚だけでなく、自分の考え、感情を、相手に訴える役割を目は担っているのです。という言葉もあります。悲しいときやつらいときも、目で笑ってみてください。気分が変わるかもしれません。

あと、もう一つ大事なのが、くちもとです。ほほえみむときは、くちもとが少し広がりますよね。そして、楽しくて大きく笑うときは口がぱっくり開きます。口角をあげると、その上の頬の位置もたかくなり、顔全体から明るい雰囲気が醸し出されます。

表情は、他の動作と同じで、自分の意思によってコントロールすることができます。コントロールされた表情は、今度は自分の感情をコントロールできる力を持ちやすくなる、ともいえます。そういう意味でも、表情というものは、日常生活の中でとても大切なものなのですね。

豊かな表情をつくる「顔のストレッチ」をご紹介します。
1. 顔のすべての筋肉を鼻に向けて寄せる。
2. 目、鼻、口を開き、筋肉を広げる。1と2を繰り返す。
3. 顔でできるすべての表情を作りながら顔のストレッチをする。


コメントを受け付けておりません。