イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガの皿まわし体操で、骨盤を整える



上半身を支える骨盤。この骨盤は、私たちのカラダの不調に深く関係していることをご存じでしたか?「お尻や下腹がたるんできた」「腰が痛い」といったお悩みは、骨盤がズレているのが原因かもしれません。イルチブレインヨガの皿まわしエクササイズで、骨盤を整えましょう。

骨盤がズレると、背骨が曲がって、体全体がゆがみやすくなります。腰痛や肩こりの原因になるだけでなく、内臓のズレや血流の悪化を招きやすくなります。ダイエットにも大敵です。

現代人の骨盤がズレやすくなっている理由の一つとして、バッグを常に同じほうの肩にかけたり、座るときにいつも同じ脚の組み方をしたりと、左右非対称の動きをする傾向が強いことが挙げられます。また、いつも同じ姿勢でいたり、同じ筋肉ばかりを使っていたりすると、骨盤がゆがみやすくなります。

イルチブレインヨガの皿まわしエクササイズでは、「左右対称」の動きをすることで体のバランスを取り戻していきます。普段使っていない筋肉もムラなく使い、体の柔軟性を回復します。

もう一つ、皿まわ運動のメリットとして注目したいのが、「経絡」を開くということです。人体には臓器を維持するためのエネルギー循環系が体の上下左右に、頭の先から足の先まで縦横に分布しています。これが経絡です。経絡は体の中の気血運行の通路であり、体の内外・上下をつなぐ臓器を連携するシステムです。

皿まわし体操で全身を動かすことで、縦横に流れる経絡が活性化され、神経や細胞の強化へとつながります。病原菌に対する抵抗力が高まり、自然治癒力を高めるなどの効果が期待できます。


コメントを受け付けておりません。