イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

肩こりを感じたら、イルチブレインヨガの「手を組んで伸ばす体操」~会社員のための<5分ブレイン体操>その3



多忙なビジネスパーソンを元気にするイルチブレインヨガの「5分ブレイン体操」。今回は、肩こりの改善に効果的な「両手を組んで腕を伸ばす体操」を紹介します。職場のチェアに座ったまま簡単に行える肩ほぐし術です。

最近、職場で強いストレスを抱え込んでしまう人が着実に増えているようです。ある研究院の調査では、仕事上のストレスが原因で、心臓・血管などの病気や心の病を患った女性が過去3~4年の間に3倍近く増えたといいます。また、ある企業の調査では、「職場でのストレスに苦しんでいる」という会社員は87.8%にのぼりました。

職場での過度なストレスは健康に大きな害をもたらします。心身の緊張状態が慢性化することで、血行が悪くなり、肩こりが悪化。さらに、胸がドキドキして呼吸が速くなり、血圧の上昇や悪玉コレステロールの増加、心拍数の減少などを招きやすくなります。

ストレスによる健康悪化を防ぐには、日ごろの適度な運動で体調を整えることが一番。多忙なビジネスパーソンは運動する時間を確保するのが難しいですが、イルチブレインヨガのブレイン体操なら、仕事の空いた時間にできます。今回紹介する「両手を組んで腕を伸ばす体操」は、上半身の緊張をほぐし、“詰まり”を解消するエクササイズです。血液循環をスムーズにして、肩こりの改善を図ります。気分もリフレッシュし、仕事の効率もアップするはずです。ぜひお試し下さい!
肩こりを感じたら、イルチブレインヨガの「手を組んで伸ばす体操」

<イルチブレインヨガの「手を組んで伸ばす体操」>

左腕が上にくるように手首を交差させ、両手を組みます。手のひら同士をぴったりくっつけて、息を吸って止めた状態で、ひじを曲げながら両手を胸の高さに引き上げます。

そのまま腕を内側方向にねじって伸ばし、下腹の高さまで下ろします。息を吐き出しながら元に戻します。

今度は右腕が上にくるように組みかえて、同様の動きを行います。


コメントする