イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガの「らくだのポーズ」で肩こり改善



体の前面をエビ反りにして伸ばすことで、肩こり改善へとつなげるイルチブレインヨガの「らくだのポーズ」を紹介します。

「何もしていないのに肩がこる」「肩がカチンコチンで頭まで痛い」。そんな辛~い肩こりの症状に悩まされていませんか?実は肩こりは腰の状態と深く関係しており、腰の弱い人ほど肩こりになりやすいです。このため、腰を強化しない限り、肩こりはなかなか改善されません。

腰を強くし、肩こり改善へとつなげるのが、イルチブレインヨガの「らくだのポーズ」です。太ももからおなか、胸、首まで体の前面を反らし、腹筋と背筋でしっかり支えることで、腰をしっかりと強化していきます。

らくだのポーズは、腰の強化以外にも様々な効果が期待できます。曲がった背中をまっすぐに伸ばすことで、姿勢が整えられ、緊張によって下がっていた肩が正常な位置に戻ります。それによって、圧迫されていた肩周辺の血行がスムーズになり、肩こりの緩和へとつながります。また、自律神経を整え、呼吸や心拍を穏やかにすることができます。

らくだのポーズは、上体を反らせるときに、腰だけに力を入れるのでなく、お尻やお腹を引き締めるようにして行うのがポイント。完成形にこだわらず、気持ちよさを感じるところでキープすることが大切です。それだけで十分に効果が期待できます。

<らくだのポーズ>
1. 正座をしてつま先を立て、両手でかかとをつかみます。
イルチブレインヨガの「らくだのポーズ」で肩こり改善
2. おしりを上げ、胸を開き、上体を後ろへ倒します。
イルチブレインヨガの「らくだのポーズ」で肩こり改善
3. 優しくゆっくり①へ戻ります。3回繰り返します。


コメントする