イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガで、内在する「感覚」に目を向ける



イルチブレインヨガの脳トレーニングは、自然治癒力を引き出し、健康的になることを目的の一つとしています。健康面での課題に対して、すべてを外に頼るのでなく、自分の内側にも解決策を探していこうというアプローチです。

ふだん私たちは健康面で問題が起こると、薬局へ行って薬を買ったり、病院へ行って診察を受けたり、外部からの手助けを求めます。もちろん、それはたいへん重要なことですが、外部にばかり頼るのでなく、「自らの健康は自ら維持する」という意識も大事です。

自然治癒力は本来、人間に生まれつき備わっているものです。それは、脳の中にある能力の一つでもあります。しかし、情報過多の現代社会では、脳を雑多な情報処理に使いすぎてしまい、自然治癒力といった根幹的な能力を発揮しづらくなっています。本来の力を引き出すためには、まずは内在する「感覚」に、意識的に目を開かなければなりません。

東洋医学の考えでは、病気は人体の”気”のバランスがくずれたときに発生するとされます。
気エネルギーは、私たちの習慣や生活スタイルが深くかかわっています。エネルギーの流れが整えられれば、自然治癒力もおのずと発揮されるはずです。

イルチブレインヨガでは、気の循環、肉体的な健康、精神的、情緒的な幸福、そして社会的な健康をトータルにとらえ、自己変革を図っていきます。そして、本来の創造力を発揮し、人生の質の向上へとつなげていきます。


コメントを受け付けておりません。