イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

背骨を刺激して、ココロの疲労も回復☆イルチブレインヨガの効果



「ココロの疲労」の回復効果が期待できるイルチブレインヨガの「でんぐり返り」を紹介します。

私たちは「疲れ」というと、どうしても肉体的なものをイメージしますが、実は現代人は体よりも心理的な疲労のほうが大きいといわれています。心理的な疲労とは、不安な気持ちや内面のストレスから引き起こされるもので、息苦しさや腹痛などを伴います。

イルチブレインヨガは、体だけでなく、ココロの疲れを癒すエクササイズです。疲労や緊張状態から心身を解放していきます。

イルチブレインヨガのブレイン体操は、脳科学とエネルギー循環の原理に基づいて、硬くなった筋肉や関節をゆるめて気血循環を促進させる脳教育の代表的なプログラムです。ふつうのストレッチのように単純に体を動かすのではなく、エネルギーの流れを感じながら動作をとるのが特徴です。それにより、気エネルギーと血液の循環がスムーズになり、疲れがとれていきます。リラックスすると脳波は自然に落ち、心身ともにリフレッシュしていくのです。

背骨を刺激して、ココロの疲労も回復☆イルチブレインヨガ

<でんぐり返り>
今回紹介するのは、イルチブレインヨガの体操のなかでも、とくに疲労回復の効果が期待できる“でんぐり返り”。背中を全体的に刺激することで、ゆがんだ背骨を整えていきます。

私たちの背骨には、「脊髄」(せきずい)という神経の幹が通っています。脊髄は、体と脳をつなぐ高速道路です。脊髄からたくさんの神経が県道や市道のように体全体に伸びており、脳の司令を伝えています。高速道路が渋滞すれば全体の交通網がマヒするように、脊髄が詰まると、脳の信号が全身にうまく伝わらなくなります。

イルチブレインヨガのでんぐり返りは、背骨全体を刺激することで、脊椎を囲んでいる筋肉を均等にほぐしていきます。それにより、脊髄の機能が整い、脳と体を「一体化」させることができます。


コメントする