イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

肩こり改善には、背中を伸ばすイルチブレインヨガの「肩ストレッチ」



肩こり改善に効果的なイルチブレインヨガの「肩のストレッチ」を紹介します。疲れやストレスがたまりやすい肩まわり。背中を全体的に伸ばすことで、肩まわりの筋肉のこわばりをほぐし、血行を改善していきます。

肩のストレッチでは、座った姿勢から両手を肩幅に開いて床につけて、手を前へ滑らせながら肩、背骨、腰を伸ばしていきます。肩まわりや背中だけでなく、お腹から脇、横隔膜や胸も広がり、肩と背骨もしなやかに伸びていきます。「猫の伸びのポーズ」と呼ばれています。

このストレッチを行うと、ふだん猫背で曲がった骨格がゆるめられ、骨盤が正しい位置に戻っていくため、カラダ全体のゆがみを改善することができます。さらに、副交感神経が優位になり、リラックスできて腸の働きが活発になります。

姿勢が良くなれば、血のめぐりが改善し、肩の痛みも和らげられます。リンパの流れをよくすることで、ホルモン分泌も活性化。体脂肪を燃やす細胞も刺激されてスリムになり、便秘を解消する効果も期待できます。肩こりにお悩みの方だけでなく、ダイエットをしたい人にもおすすめのストレッチです。

<肩のストレッチ>
1.両ひざと両手を床について四つん這いになります。つま先は立てます。
2.かかとの上に座り、胸をできるだけ床に近づけます。上下に10回反動します。
3.左手の上に右手を重ね、上下に10回反動します。
4.右手を戻し、その上に左手を重ねて上下に10回反動します。

イルチブレインヨガの「肩ストレッチ」


コメントする