イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

「皿まわし」「つま先たたき」「脳波振動」の3点セットで免疫力UP~ソーラーボディ5・5・5運動法


イルチブレインヨガのソーラーボディ5・5・5運動法は、「皿まわし」「つま先たたき」「脳波振動」の3つのトレーニングで構成されています。1日それぞれを5分ずつ、合計15分やればいいという簡単な運動法です。これだけで免疫力を高め、自然治癒力を回復することができます。

太陽の光は、大地や海を温め、大気に温度差を生じさせることで風を起こし、水を循環させます。植物は太陽の光で光合成を行って糖分を作り、動物や人間はその糖分をエネルギー源として生きていきます。私たちが家を暖めたり、機械を動かしたり、車を運転するために使う燃料や石油も、数億年前に累積された太陽エネルギーの産物です。

太陽は、すべての生命体を存在させ成長させており、人間も例外でありません。私たちは、太陽が生み出す循環システムの一部であり、人間の内側でもこの循環が働くことで健康が実現できます。東洋医学では、「気」「血」「水」の3つがスムーズに体内を流れることで、自然治癒力が維持できるとされます。

イルチブレインヨガのソーラーボディ5・5・5運動法では、体内の循環を整え、「気」「血」「水」が円滑に流れる体質をつくりあげます。ソーラーボディ5・5・5運動法のメニューである皿まわし、つま先たたき、脳波振動は、いずれも東洋医学をベースとしており、この組み合わせによってソーラーボディを獲得します。人間性を回復し、自らの健康と幸せを創造するパワーを手に入れましょう!

<皿まわし>

<つま先たたき>

<脳波振動>


イルチブレインヨガの「ソーラーボディ5・5・5運動法」で免疫力アップ


輝く太陽のように、健康と幸せを創造する「ソーラーボディ」。イルチブレインヨガは、ソーラーボディを手に入れるための運動「ソーラーボディ5・5・5運動法」を導入します。1日わずか15分行うだけで自然治癒力を回復し、免疫力を高めるプログラムです。

みなさんは「健康管理」というと、どんなことを思い浮かべますか?食事に気を付けたり、運動をしたり、喫煙や過度の飲酒を控えたり、健康管理には様々なものがあります。「病気になりたくない」「痩せたい」「若返りたい」など、動機は様々であっても、健康にとってもっとも大切なのは「自然治癒力」を高めることです。

自然治癒力とは、本来、あらゆる生命が持っているもの。野生動物が薬を飲んだり、医者に診てもらったりしなくても元気でいられるのは、自然治癒力があるからです。でも、現代文明の恩恵を受ける私たちは、この自然治癒力が低下しがちです。人間にも根源的に備わっているはずの治癒力を回復するために生まれたのが、「ソーラーボディ5・5・5運動法」です。

ソーラーボディ(Solar Body)とは、自然治癒力があふれた体のこと。太陽を意味するソーラーは、地球上のあらゆる生命体を成長させる根源のエネルギーですが、そのエネルギーを活用して、自ら健康と幸せを創造するのがソーラーボディです。

ソーラーボディ5・5・5運動法では、簡単な動作で体温を高め、体のエネルギーバランスを最適化させていきます。ぜひチャレンジしてください!

ソーラーボディ運動法のトレーニング法はこちら↓
http://www.brain-training.jp/archives/3520


イルチブレインヨガの脳教育に「ストレス軽減」効果


世界各地で普及が進むイルチブレインヨガの脳教育プログラム。脳教育がもたらす効果について、大学や研究機関による研究調査も着々と進められています。韓国の朝鮮大学のシム・ジュンヨン教授の学術研究では、脳教育が免疫力アップやストレスの軽減につながるという結果が出ています。

 

シム教授の学術調査は、30~40代の28人を対象に実施されました。このうち、12人が脳教育トレーニングを、8人が有酸素運動を、それ以外の8人はいずれのトレーニングもせず、体の状態を比較しました。トレーニングは、週3回、1回1時間、8週間にわたって行いました。

 

その結果、脳教育を受けた人は、ストレス性ホルモンであるノルアドレナリンとコルチゾールの分泌が低下しているのが分かりました。さらに、免疫力の高さを示す「Th/Ts比率」が改善していることが確認されました。これは、脳教育が「副腎皮質刺激ホルモン」に影響を与えたことによるものだと推測されています。

 

この実験により、脳教育プログラムには、短時間の一過性のストレス反応を減少させる効果があることが裏付けられました。

 

脳教育のトレーニングをめぐっては、英ロンドン大学の研究でも、うつ症状や不眠が改善され、メンタル面に好影響があるという結果が出ています。今後も、世界各地の研究機関での研究成果が注目されます。