イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガの脳活性で、仕事も勉強も効率アップ



じっと座っているときより歩いているときの方が、独創的なアイデアがよく浮かんでくることがあります。これは、運動による「脳活性」の効果です。脳活性化に特化したイルチブレインヨガで、疲れている脳を目覚めさせて、自分にとってベストな脳をつくっていきましょう。

朝出社して仕事を始めたばかりのときは、仕事がはかどりますが、続けているうちに鈍ってくると感じることは多いでしょう。これを脳科学の視点から見ると、朝のうちは体の感覚器官が刺激されて興奮状態となり、脳に迅速に情報が伝わります。しかし、同じ作業をずっと続けていると、感覚器官が興奮しなくなり、脳に送る電気信号も弱くなってきます。つまり、単調な仕事を繰り返すうちに、脳が退屈になってサボり始めるのです。

私たちの脳は刺激を求める傾向があり、新しい情報をもらっていないと、身体の各部に適切な命令を下すことができなくなります。この結果、仕事の能率が落ち、ミスが多くなります。

だから、いくら忙しいときでも、ときどき体を動かして脳をリフレッシュしたほうが、仕事も勉強もはかどります。イルチブレインヨガで体を動かし、体内のエネルギーを滑らかに循環させれば、脳が活性化。健康的な状態に導かれます。

とくに大事なのは足を動かすことです。足は「第二の心臓」と呼ばれており、下半身の血液を心臓に戻す役目を負っています。足を鍛えれば、そのぶん心臓の負担が軽くなります。全身の血液循環がスムーズになり、つま先から頭のてっぺんまで健康を維持することができるようになります。


コメントする