イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

頭を柔軟にするブレイン体操



イルチブレインヨガのブレイン体操は、脳をリラックスさせる効果があります。

私たちがある行動を起こすときは、必ず脳の中で動きをイメージします。どんな動きであっても、体は脳からの信号を受けています。脳のイメージと体の動きは、お互いに連動しあっているのです。

こうした脳と体の特性を生かしたイルチブレインヨガのブレイン体操が、「片手で無限大を描く」という動作です。体で無限大の曲線を描くことで、脳でも同じイメージが描かれます。これによって、左脳と右脳の結び付きが強まり、脳全体をリラックスさせることができます。体で脳を柔軟にするのが、このブレイン体操の目的です。

片手で無限大を描く

頭を柔軟にするブレイン体操

① 右手の親指を目の高さに持ち上げて、顔の中央に置きます。手と顔の間の距離は腕の長さの半分程度になるようにします。
② この姿勢で親指で無限大を描きます。
③ 筋肉運動の最大限の効果を得るために、意識を集中した状態でゆっくりと動かします。頭は固定させたまま、瞳の動きだけで指の動きを追いかけます。このとき、親指を上にまっすぐ立てた姿勢を維持します。
④ 回繰り返し、反対の手も同様に行ないます。

【ポイント】 左右のバランスを感じながら無限大を描きます。
【効果】 左右の脳のバランスが整い、脳機能活性化の効果があります。


コメントする