イルチブレインヨガの脳トレエクササイズ

東洋医学と脳科学に基づいて生まれた脳活性化ヨガ・イルチブレインヨガ。老若男女を問わず、誰でも簡単にできる脳体操、ストレッチ、呼吸法、瞑想法などの方法や効果を紹介します。

イルチブレインヨガの「丹田たたき」で脳活性☆腸もイキイキ



イルチブレインヨガの脳トレーニングのなかでも人気の高い「丹田たたき」を紹介します。下腹にある丹田を叩いて、脳活性と腸活性をダブルで達成できるエクササイズです。

丹田(たんでん)の「丹」とはエネルギーのことで、「田」はつくるところ。つまり、丹田とは、気エネルギーの発生源です。へその下に位置し、東洋医学では、人間の体の中心と考えられています。

丹田たたきは、下腹を軽く刺激することで丹田を強化する健康法です。丹田を刺激すると、体のあちこちに分散されていた気が丹田に集中し、エネルギーと血液の循環がスムーズになります。それにより、脳と体のバランスが整えられ、自然治癒力が回復します。

丹田たたきをすると、丹田への刺激が内臓へと伝わり、硬くなっていた腸がほぐれる効果もあります。腸の働きが改善することで代謝がアップし、ダイエットにもつながります。

また、腸は脳と直結しているため、腸が活発になると、脳活性も促進されます。脳への酸素供給も円滑になり、思考力や集中力もアップしていきます。

☆トレーニング方法
こぶしを軽くにぎって、へその下を刺激する。終えたら、手のひらでお腹を時計周りの方向になでる。

☆トレーニング体験
100回から始めて、だんだんと回数を増やし、慣れてきたら毎日1,000回叩くようにする。

☆トレーニング効果
①硬い腸がほぐれる
②血液循環がよくなり、下半身や下腹が温かくなる
③頭のほうに昇っていた“火気”が下半身のほうに降りて、目がよく見えるようになる
④意識を体に集中させ、体を眺められるようになる

★ ★ ★

イルチブレインヨガ(ILCHI Brain Yoga)は、脳科学とヨガを融合させた
体と心と脳のヨガ、ホリスティック・エクササイズです。
体のトレーニングを通して脳を活性化し、心身の健康、幸せを実現します。
ダンワールドの脳教育BEST5にもとづくILCHIチョンファ心性プログラムなどの
特別トレーニングを、人生の充実を希望する方たちに提供しています。

全国のイルチブレインヨガのスタジオ・教室情報はこちら

イルチブレインヨガイベント情報はこちら


コメントする